スポンサーサイト

  

旅行会社の企画ツアーと格安航空券の関係

現在では頻繁に旅行に行かない人でも当たり前に利用している格安航空券ですが、最初は「空席を残したままフライトさせるのはもったいない」と、一部の旅行ファンやプロの旅行代理店を対象に販売されていました。

LCCの登場で競争が激化

少しくらい値段を下げても空席を埋めて、利益を確保したいという航空会社と、余った席でいいから安い料金で飛行機に乗りたいという乗客の思惑が一致して初めて格安航空券の価値が生まれるわけですが、そのマッチングシステムを導入・実現したのが、現在では大手旅行会社の地位を築いたHISです。

HISは格安航空券を航空会社から大量に仕入れて、単体での販売だけではなく、パッケージツアーと組み合わせることにより、少しでも安く海外旅行に行きたいという顧客層をターゲットにして、大成功したのです。航空会社でも、ホールセラーと呼ばれる主催旅行会社やHISのように企画力と販売力のある旅行会社にうまく座席を裁くことが出来れば、収益に及ぼす効果も高くなります。

格安航空券は、一枚あたりの利益が小さいため、大量販売が欠かせません。インセンティブの一環として、旅行会社にはチケットの販売数に応じて、航空会社から割戻金と呼ばれる報奨金が支払われます。

まとまれば金額は大きなものとなるので、旅行会社は大きな利益を期待できますが、販売目標に達しないと、利益が出ないまま企画旅行を催行することになるため、旅行会社は必死です。最近は航空券とホテルをセットにする形で、利益を確保する売り方なども行われています。