中国の各都市を旅行するなら飛行機が最適

中国には、全国の各都市間に国内航空路線が網の目のように張り巡らされています。日本に比べてはるかに大きな国土をもつ中国を効率的に回るなら、飛行機が最適です。近年は、定期運行ができず、機体もサービスもイマイチでしたが、近年は各航空会社のサービス競争が活発で、サービスは目覚しく向上しました。

史跡を巡る旅

航空会社は、北京を本拠とする中国国際航空、上海の中国東方航空、広州の中国南方航空の3社を軸に、各省レベルの会社や格安会社など十数社が運航しています。チケットの販売はオンライン化されており、空港のカウンターやしないにある民空集票所、各航海者のオフィスのほか、高級ホテルのツアーデスク、旅行会社などでもその場で予約できます。

中国で航空券を買う場合はパスポートの提示が必要なので、持参を忘れないようにしましょう。服務員が予約状況を確認し、発券してくれます。最近は、旅行会社でディスカウントチケットを扱っていることも多いようです。買った場所でしかキャンセルできないなどの制限もありますが、何かと便利です。

空港は市外から離れていることが多いため、個人旅行はバスやタクシーの利用が基本です。リムジンバスは満席になり次第発車することが多い一方、なかなか出発しないこともありますので、時間には十分余裕を持ちましょう。フライト時刻の90分前には空港についておきたいものです。